マッツォーネ (MAZZONE)

mazzone

Ruvo di Puglia
マッツォーネは、世界遺産である正八角形の柱を8本持つ、正八角形のユニークな形をしたアンドリアの丘の上にたたずむお城【カステル・デルモンテ】や、【アル・ムルジア国定公園】にほど近いルーヴォ・ディ・プーリアに位置します。300m以上の高地であるムルジアの丘の東部の斜面に位置し、アドリア海に向かって降りていくような地形で、その丘陵地は、傾斜の向こうに広がる海の延長であるかのように、なめらかな波紋を描いていいます。ムルジアの丘近郊はカルスト地形で、ごろごろとした石を含む石灰質土壌で、水はけがよく、ぶどうやオリーブ、アーモンドといった果樹栽培に大変適しています。

マッツォーネ家
ドメニコ・マッツォーネが父チチッロからこの地を受け継いだのは70代前半のことでした。ドメニコは、水はけ良く、果実に熟成するパワーを与える日照に恵まれ、寒暖差がしっかりとあり、夜風がぶどう畑に程よい冷涼さと、太陽や地上からの熱から作物を守るのに適した湿度をもたらす…つまり、人知の及ぶところではない、自然だけがなし得た微気候を持つこのルーヴォの大地を愛し、父から受け継いだ土地に加え、農地を購入し増やしていきました。現在およそ15ha の畑を所有しています。この地域での農産物は、もっぱらぶどう、オリーブ、アーモンドで、ドメニコもそれら農産物を、プーリア州の誇りある農家として栽培し、販売し続けてきました。
2004 年、マッツォーネ家に新しい風が吹きます。ドメニコの息子フランチェスコが、自家栽培したぶどうを、最も良い状態でワインに醸造するために、カンティーナを立ち上げたのです。彼は、大学でワインの醸造学を修め、エノロゴとしてカンティーナを管理しています。また、よりよいワインをつくるため、そして、農家の息子としてぶどう畑での作業ももちろんこなします。彼ら家族は、この地に生まれ、生きています。自らと同じく、この大地で育まれた恵みを取り込み、母なる大地に感謝を返すことが当然である、と言う考えから、環境への取り組みは息をするかのごとく自然で、己の命のごとく重要であると思っています。
有機栽培の認定を得るためにかかるコストがワインに上乗せされてしまうのは不本意であり、必要性を感じないとのことで認定は受けていませんが、彼らは除草剤などの化学製品を用いず、有機栽培と同じ手間暇を費やしています。「将来世代のニーズを満たす力を損なうことなく、現在世代のニーズを満たすこと。」エコ・サステナビリティを実践しています。

まさしくプーリア人気質を持つ、無口で生真面目で、真摯にぶどうとワインに情熱を傾けるフランチェスコが切り盛りするワイナリーは、まだまだ若いですが、その生産量は現在50.000本を上回り、地元での消費もさることながら、近年はアメリカ、トルコなどへの輸出も安定してきました。ワイナリーもオーナーも、まだ若いからこその可能性を秘めており、どんどんと成長と変化を見せる作り手であることは間違いありません。



メーカー資料




プーリア マルヴァジア・ビアンカ "インメンサス"
Alc.%vol:12.5%
飲料適温:10-15℃
商品番号:758-102
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:4582299500196
葡萄品種:マルヴァジア 100%


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
手積した葡萄を1時間以内に除梗破砕し、低温(5℃)浸漬します。一晩後上澄みを5℃で4-5日置き、自然発酵を起こす迄温度を上げ、最終15-6℃に安定させ 20日間ALC発酵。1月末に濾過、ボトリングします。 黄金色かかった麦藁色、トロピカルフルーツや青リンゴなどフルーティ。フロー ラルさも持ち、フレッシュで生き生きとしており、リゾットやパスタ、魚介、食前 酒、チーズ、和食にも、何にでも合わせやすい味わいです。 ソフトにフィルターにかけ、独自のうまみを持たせた、フレッシュな白ワインです。各種リゾット、ピッツァ、魚介類(特に貝類)、フレッシュチーズ、中硬質チーズと相性がいいでしょう。



ムルジア ネーロ・ディ・トロイア 『カーポ・カザーレ』
Alc.%vol:13.0%
飲料適温:18℃前後
商品番号:758-002
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:4582299500448
葡萄品種:ネーロ・ディ・トロイア 100%


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
青みがかった、深いルビーレッドをしています。フレッシュで快活、適度なタンニンがバランスを保ちます。どのようなお料理にでも合う気軽な味わいですが、特に、シンプルに塩や胡椒、ハーブなどを利かせた、お肉の炭火焼や鉄板焼きに良いでしょう。除梗破砕後17℃に温度管理したステンレスタンクでマセラシオン6日間、その後アルコール発酵。引き続きMLFも同温度帯で行い、フルーツと花の芳香を余すことなくワインに取り込みます。3-5月にボトリングするまで熟成します。
深いルビーレッド、フレッシュで快活、適度なタンニンのバランスが良く、どのようなお料理にでも合う気軽な味わい。 特にシンプルに塩胡椒、もしくは、ハー ブを利かせたお肉の炭火焼や鉄板焼きに良く合います。