カーサロステ (FATTORIA CASALOSTE)

petriolo

1200年代に入ってすぐの頃、シエナ共和国とフィレンツェ共和国が、領土争いで境界線を一進一退させていたある時「鶏が夜明けを告げた合図に、お互いの騎士を走らせ、両者が出会ったところを国境にしよう」と取り決めがなされました。シエナは白い鶏を選び出し準備万端整えました。一方、フィレンツェは自軍のシンボルでもあった黒い鶏からより痩せたのを選び、前日から餌を与えず置きました。さて騎士の出発の当日、先に朝を告げたのは...おなかをすかせたフィレンツェの痩せた黒い鶏でした。あらかじめ両軍から遣わされていた使者が、鶏が鳴くのを確認してからの騎士の出発とあって勝負は成立し、フィレンツェの騎士は、シエナの近く「フォンテルートリ」という町にまで至り、キャンティ地区をフィレンツェ共和国に取り入れる形で決着しました。この伝説に現れるフィレンツェ軍のシンボル・黒い鶏(ガッロ・ネーロ)が、丁度両軍の騎士が出会ったといわれる地域周辺で作られる【キャンティ・クラッシコ】のシンボルマークとして、現代に伝えています。

カーサロステは、その時代の監視塔跡があるパンツァーノという、キャンティ クラッシコ生産地区のど真ん中にあります。800年の歴史を持つこの農園にドルシ夫妻が根を下ろしたのは1993年。1995年に初めてワイン醸造を始めました。「自然」を最も大事にする夫妻は、化学肥料や殺虫剤、添加物、防腐剤などの使用を最小限にとどめ、作業はすべて手作業。軽くて扱いやすいけれど、プラスティック用品を使わないなど、とにかくより手のかかる方法を好んで取り入れています。こういった「自然」を尊重した方法と、素晴らしい自然を利用し、品質の高いワインとオリーブオイルオイルの生産、そしてその自然を楽しむ、アグリツーリズモで宿泊客を受け入れています。ワイナリーは小さくあることで、葡萄の育ち具合や、日々の天候、病害、その他、良くも悪くも、葡萄に影響を与えるすべてのことに、瞬時に対応することができるし、そう対応するべきだと考えて規模を大きくすることを望んでいません。オーナーであり、エノロゴでもあるジョヴァンニ・ドルシ氏はナポリ生まれ。彼はこの地に最もよくあう【サンジョヴェーゼ】をこよなく愛し、また、こ の地のサンジョヴェーゼに最も合うのはアリエ産オークであるという彼の哲学により同社で使われる木樽はすべてアリエ産。伝統製法にこだわりすぎず、適所に小樽熟成も取り入れています。また、この地域では200年以上も栽培の歴史がある、メルローも栽培しています。すべての工程において、彼らの哲学が垣間見えますが、その方法が正しく作用していることは、ワインを一口、テイスティングしていただければ、すぐにお分かりいただけると思います。

ドルシ氏はナポリ大学で農業学士の学位を取得し、人間の活動と自然との間の環境のバランスを考えた、葡萄とワイン造りをモットーにしています。そうしてつくられた生産品すべてがビオ(有機)栽培しています。所有する畑の面積は約10.5ha。年間生産量は約 55.000本。すべてDOCG キャンティ クラッシコ地区での栽培で、イタリア最大の有機認定団体『ICEA』の認定を受けています。

葡萄栽培・ワイン醸造
海抜360b、キャンティ・クラッシコ地区のほぼ中央にあるパンツァーノ・イン・キャンティに、18ha程の土地を所有しており、そのうちの10.5haが葡萄畑です。およそ9割がサンジョヴェーゼ、残り1割は彼らのワインの新たな可能性を求め、メルロの栽培をしています。土地は石灰質を含む砂泥土壌で、弱アルカリ性です。 コルドーネ・スペロナートもしくは、アルケット・トスカーノで、栽培中に、病害虫よけのためにオーガニック農法の法律で許されている硫黄と銅を使用 しますが、最小限しか使用しません。収穫は手積みです。葡萄自身の重みで、下のほうの葡萄が傷つかないように、満杯にしても約20Kg 程度にしかならない小さな木製の箱に収穫します。もちろん、葡萄に傷や熟成が悪いものなどが含まれたら、すぐさま、徹底的に取り除きます。すべてのワインにおいて、発酵槽は温度管理が可能なステンレスタンクを使用。熟成はフレンチ・オークの大樽もしくはバリックを、ワインによって使い分けています。 ワインに必要以上のストレスを与えないように、ワインの移し替えは、必ず重力に任せるか、特殊なストレスフリーのポンプを使います。そして、1年365日、ドルシ氏の愛情を受けて、カーサロステ社のワインは熟成されています。


メーカー資料




キャンティ・クラッシコ グラン・セレツィオーネ "ドン・ヴィンチェンツォ"
Alc.%vol:14.5%
飲料適温:17℃
商品番号:717-031
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:8023301032008
葡萄品種:サンジョヴェーゼ 100%


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
2014年、キャンティ・クラッシコDOCGの中に新たなカテゴリーとして登場したのがこの【グラン・セレツィオーネ】です。
キャンティ・クラッシコ自体が生産地域をより限定したDOCGではありますが、よりシビアな生産規定を設けており、自社畑の葡萄に限ること、そして単一畑でなければならないとされています。
キャンティは玉石混交と言われますが、細分化しながらその存在価値を高めています。
カーサロステの畑は、イタリア有機認定団体ICEA認定されています。肉料理、ジビエ、硬質チーズとの相性がいいでしょう。ワインそのものを楽しむ瞑想用としても提案します。



キャンティ・クラッシコ リゼルヴァ
Alc.%vol:13.5%
飲料適温:17℃
商品番号:717-011
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:8023301032008
葡萄品種:サンジョヴェーゼ 100%


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
カーサロステの畑は、イタリア有機認定団体ICEA認定されています。肉料理、ジビエ、硬質チーズとの相性がいいでしょう。ワインそのものを楽しむ瞑想用としても提案します。



キャンティ・クラッシコ
Alc.%vol:12.5%
飲料適温:17℃
商品番号:717-006
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:8023301032008
葡萄品種:サンジョヴェーゼ 90%,メルロ 10%


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
カーサロステの畑は、イタリア有機認定団体ICEA認定されています。肉料理、ジビエ、硬質チーズとの相性がいいでしょう。ワインそのものを楽しむ瞑想用としても提案します。



トスカーナ IGT 『インヴェルサス』
Alc.%vol:14.0%
飲料適温:17℃
商品番号:717-026
容量/入数:750ml/6本
JAN/EAN:8023301113004
葡萄品種:サンジョヴェーゼ 90%、メルロ 10% [2011]


JPEG画像【大】
JPEG画像【小】
テクニカルシート
この商品を購入する
インヴェルサスはSITUS INVERSUS より由来しており、これは医学用語で『内臓逆位』を意味しています。これは、オーナー夫妻の二男フェデリーコが内臓逆位の状態で生まれてきた事に端を発しています。
フェデリーコは大変健康に育っており、そしてこのワインも健康そのものです。またサンジョヴェーゼが高貴とされ、キャンティ・クラッシコこそが伝統であるとされる地域ですが、このワインはその全く逆を目指すワインとして大変優れた個性を発揮しています。
カーサロステの畑は、イタリア有機認定団体ICEA認定されています。肉料理、ジビエ、硬質チーズとの相性がいいでしょう。ワインそのものを楽しむ瞑想用としても提案します。