Tel: 080-9608-3344

MANIFESTAZIONI

イベント情報
今後はよりリアルタイムにお知らせできるようにFACEBOOKへの情報を充実します

ダンテ・アリギエーリ協会 2018年7月26日

テーマ:イタリアにおけるモーツァルト――小さな天才をめぐる音楽と味覚
Mozart in Italia, musica e sapori sulle tracce di un piccolo genio

場所: コロッセオ:大阪府大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

主催: コロッセオ

協力: イタリア文化会館ー大阪、ダンテ・アリギエーリ協会 大阪支部、イル・チェントロDA大阪、大阪MOZART協会

参加費:一般3.500円、ダンテアリギエーリ会員とカルタ・レオナルド会員3.000円

要予約:予約はこちらから

モーツァルトは、ヨーロッパにおける数多くの偉大な作曲家の中でも、とりわけ有名な一人です。 音楽、映画、絵画など、彼が生み出した名作の数々は枚挙にいとまがなく、現代においても色褪せないまま人々に親しまれています。 ただ、このザルツブルクの若き天才が、実の父親と共にイタリアを旅行していたことを、一体どれほどの人が知っているでしょうか。 モーツァルト父子がイタリアで見聞できたのはいくつかの主要都市だけですが、ミラノ、ヴェネツィア、ボローニャ、ローマで、美術、音楽、 そしてもちろん料理においてイタリアの価値を見いだしました。 もちろん、モーツァルトは数多くのヨーロッパの都市を訪れています。しかし、それはイタリア旅行のときのものとは比べものになりませんでした。 イタリアで出逢った人々、これまでに耳にしたことのない旋律や、初めて口にした料理は、彼の心に消せないほど深く印象づけられ、 その短い生涯を終えるときまで彼と共にあったのです。 そして、毎回の旅行やコンサートは、当時、明らかにイタリアというスタイルの下で生みだされた彼の音楽全てに影響を及ぼしたであろう、 多くの人々、知識、経験を増やす機会となりました。 イタリア本国で様々な町を巡っている "Incontri Italiani" の第1回目では、イタリアの土地独特の風味と結びついた偉大なる音楽を創出し、 史上最も愛された作曲家を形作る過程に影響した料理、音楽、そして人々とはどのようなものなのかを知っていただくべく、 ミラノのために書かれた3つの作品――カンタータ、アリア、コンサート――と、当時のイタリア全土において最も重要な十数人の イタリア人作曲家が耳にした数多くの音楽について語ります。